• (東京都墨田区の創業融資ならまずはここから)
Pocket

申告して、納税をするわけですが

注意点

1.青色申告していますか?

 いくつか特典がありますので

  改めてご紹介

『青色申告特別控除 』 が取れます。

  会計ソフトで数値管理して、貸借対照表を出す

  >65万の控除

 エクセルで数値管理して申告

  >10万の控除

 2020年に改正あるので注意ですが、会計ソフト使って、電信申告する形に徐々に準備するといいかなと思うのが最近です。

『少額減価償却資産の特例』

 10万円以上30万円未満の備品等の資産を購入したら

  原則は、減価償却してもらいます。

   でも、これって普通の人には手間がかかる・・・

 なので、一括で消耗品費にして、経費にするって経理をするんですが、これは一応青色申告の特典

 なので、一応儲かる人は青色申告するってのがオススメ

2.届出管理していますか?

 青色専従者給与の届け出しています?

  家族へ個人事業主が給与支払いしたい場合には、この届出必要です。

国税庁のホームぺージの該当部分


https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2075.htm

 必ず必要なので、儲かりそうで、家族 雇う際には、お手続きしてくださいね。

3.納税について

 所得税は、3月15日

 消費税は、3月31日

  利益が上昇している時期には、住民税が上がり、国民健康保険料もあがります。

なので、夏以降の資金ぐりは注意です。

申告終わったら

1.数値の見直し

 改めて儲かっているの?

 どのくらい売れたの?

 粗利どれくらいとれているの?

 無駄な経費ないですか?

  ここは見直ししてくださいね。

 その上で対策をなにをして、何をしないかを考えるのか?

  そういうキッカケづくりにも確定申告をして1年を振り返りしてもらえればと

2.金融機関さんへの提出

 融資を受けている金融機関さんあれば、そこに提出してくださいね。

 公庫さんだと不要なケースもありますが、信金・信組さんは毎年必要です。

  時間あれば、A4を1枚で、

  ①今期どうだったか? 黒字の要因は? 赤字の原因は?

  ②来期どうなるのか? 赤字の改善策も

  ③追加の借入等を申込するのか? 条件等の見直し必要か?

   ここのお話するのも一つの手です。

3.積み立ての見直し

  3月にどかんって支払い出ると大変

   なので、月々1万円から積み立てしておいて、3月に満期来るような積み立てもやっておくのは大事なのかなと

 消費税の増税時にいつもお願いしていることですが

  消費税が8%→10%になると支払いが増えますので、見直しを

4.節税の見直し

 過度にやっていて、赤字になっていません?

  黒字であって、余裕があれば

 個人事業主は退職金がないので、小規模企業共済を加入する。

 国民年金基金で、将来の積み立てを増強する。

 セーフティ共催で、取引先のもしもに備える

  公的な節税制度を上手に組みわせてからが、民間系のものを使うのは一つですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA