• (東京都墨田区の創業融資ならまずはここから)
Pocket

法人だったら、登記簿謄本の、履歴事項証明書で、設立日を確認すれば済むってことなんですけど

個人事業主だとちょっと困ります。

 

 

税務署で提出する際には、2部用意して、
1部=提出して
1部=受付印を保管してもらう
ってことが前提ですが

pointは
所轄税務署へ 本人が行って
1.紛失した開業届の写しが欲しい
2.開業日を確認したい
と伝えること

流れは、
所轄の税務署に 総合窓口に本人が出向き、身分証と印鑑をもって
「開業届を見当たらないので開示してほしい」と伝え、 「保有個人情報開示請求書」を記入して開示してもらいます。
写しの交付 にチェックして、返信用の切手を預ければ、後日郵送してくれます。
最大30日の事務期間あるので・・・・注意ですね。

国税ホームページ該当部分
https://www.nta.go.jp/sonota/sonota/kojinjoho/tetsuzuki/03.htm

書式例
https://www.nta.go.jp/sonota/sonota/kojinjoho/tetsuzuki/pdf/05.pdf


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA