• (東京都墨田区の創業融資ならまずはここから)
Pocket

ストックモデル=定期的に売上があがる商売のこと

税理士事務所を例にすれば、2種類あります。

→定期的に売上が見込めることがストックって意味なんですが

顧問契約をさせてもらうと、定期的に顧問料をお願いするので、ストック型です。

セコムさんも同じですよね。

地道に増やしていくことでしっかりした基盤になるってことがいいことですが

 

これに対してフローモデルは、単発系の売上が収入の大半ってことで

 

どうしても急ぎの単発の決算支援

事業計画書の作成サポート

みたいな業務がフローモデルになっています。

 

どうしても収入を読みにくい部分もあって、不安になりやすいので、どうやって紹介等を受けやすい環境をつくるのかってことだ大事なんだと思います。

 

 

ストックは、どうしても自分も最初の税理士事務所を始めるときに顧問契約してもらうまで時間かかりました。

フローのような単発系の仕事の方が受けやすい部分もありますが、やはり上手に組み合わせつつ、自分の仕事にあった継続してお客さんを確保していく仕組みづくりとか少し意識してもらえるといいのかなと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA