• (東京都墨田区の創業融資ならまずはここから)
Pocket

最近のFCを粗利を中心に比較

 

見たいものは

粗利=1つ売った際にどのくらい利益が出るのか?

20日・8時間営業として、売上達成のための1時間あたりのお客様の数=無理がないか

からいくつかのチェーン店さんの資料を拝見しながら見ていました。

まずは、丼丸さん

ワンコインの海鮮丼の手軽さと、お昼にもいいですよねー

■平均的な店舗例
売上/250万
仕入/140万(平均原価率56%)
粗利率 44%
客単価 894円
20日・8時間営業だと 250万÷20日÷8時間÷894円=1時間あたり 17.5名のお客様

ランチ時(11:30~13:30)やディナー時(17:30~19:30)とかには、倍のお客様が集客できる立地が必要そう。

 

少し前に出店をよく見たからあげ専門店 鶏笑さん

ジューシーなモモが美味しいです。

6坪の店舗を1人で運営した場合
売上    171万円
仕入    77万円

粗利率 94万÷171万=54.9%
客単価 1,000円
20日・8時間営業だと 171万÷20日÷8時間÷1,000円=1時間あたり 10.7名のお客様

ランチ時(11:30~13:30)やディナー時(17:30~19:30)とかには、倍のお客様が集客できる立地が必要そう。

 

・一本堂(食パン専門店

月売上  210万円
原材料費 90万円

粗利率 120万÷210万=57%
客単価 500円
20日・8時間営業だと 210万÷20日÷8時間÷500円=1時間あたり 26.2名のお客様

これを達成するには、仕込みが大変そうですが、効率よく生地を作ったり焼いたりできれば何とかなりそう。

 

・ばり馬(ラーメン
<内訳>
売上:600万円
経費:495万円
<経費内訳>
原価:198万円

粗利率 402万÷600万=67%
客単価 1,000円
20日・8時間営業だと 600万÷20日÷8時間÷1,000円=1時間あたり 37.5名のお客様

600万だから他のものと比べて、家賃も事件費もかかりそうですが、流行っているラーメン屋さんとしては達成可能なライン

資料参照元
アントレNETさん
FCオーナーズさんより

 

どうしても、大きな投資が必要になるケースのある、FCチェーン店

粗利がどのくらいで、

売上達成可能かどうか?

あたりは自分で検証してみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA