• (東京都墨田区の創業融資ならまずはここから)
Pocket

弊社は、、、専門領域にとらわれない質問が多い気がします。

スタッフの訪問時の相談事案

多忙なこともあり、行き違いから、業務対応が多くなりコミュニケーションが取れなくなってスタッフさんが退職されました。

その際に、賞与と退職金を請求されたのですが、契約がないので、支給することが必要なのかということを質問されました。



退職金を請求されたのですが、雇用契約にも記載なく、個人事業主で起業したてだったこともあり、退職規定も、就業規則もなかったのですが

まず、

1.退職日の確定、私物整理と、鍵の返却日時を決める。

2.規定等もないことから、支給する義務はないと思いますが、一時相談として、日程等をきめる。


そこで、厳しい場合には、弁護士等の代理人を立てて、交渉することになるのですが、事業主側のコスト負担も発生することから まずは、社労士相談の窓口をご案内しました。

専門領域がまたがる部分には、やらないとまずいよねって部分を整理して、専門相談へ依頼することが多いですが、傷を大きくしないようにすることが融資後の訪問で大事にしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA