• (東京都墨田区の創業融資ならまずはここから)
Pocket

節税(せつぜい)とは、
法(租税法)の想定する範囲で税負担を減少させる行為である。

偽りその他不正な行為、すなわち犯罪的手法をもって納税を免れる脱税とは区別される。

脱税ではないが法の想定外の異常な形式を利用して税負担を減少させる租税回避とも区別されるが、こちらは明確な区別の基準があるわけではない。

主に所得控除や非課税制度を活用して税負担を軽減させる行為に対してこう呼ばれる

まとめると法律の範囲で上手に税金を調整すること

状況に応じてなにがいいかは各種違うことがおおいですが、大きくは国とかがやっているものから始めるのがいいかなと 

法人の節税策

1.セーフティ共済の加入

  取引先の倒産時に緊急融資を受けることが出来る共済ですが、払う掛け金は、全額経費にできます。

http://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/index.html

 もしものときに備えつつ、全額経費になりますし、40カ月以上掛け金を払い続けていれば、全額戻ってきます。

 戻ってきたときは、収入になるので、一応注意は必要です。

 業績がいいところで、積み立てをしつつ、もしも、赤字が出てしまったときに、埋めるっていうときは、将来あるかもしれません。

2.少額減価償却資産

 10万円までのパソコン等は購入した事業年度に即時に経費化できます。

 青色申告している場合には、30万円未満のものまで経費化できます。

  というと備品類を決算直前に購入して、調整するってことも可能です。

税金が少なくすることが本当の意味なのかどうかはいつも悩むところ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA